So-net無料ブログ作成
検索選択

ただひとつはちみつと違って残念なことは

ただひとつはちみつと違って残念なことは、決しておいしいものではないという点でしょう。またリジン、フェノールアラニン、ロイシンなど8種類の必須アミノ酸などが豊富にバランス良く含まれていています。医師団のひとりがローマ教皇にロイヤルゼリーを投与して、驚異的な回復をしたということがきっかけだったのです。美容、健康維持のためにはぜひ飲むと良い食品でしょう。一生涯このロイヤルゼリーだけを集中的に食べ続けることで、栄養を吸収し続けた女王蜂は、働き蜂の2~3倍もの体に育つことができます。その当時のローマ教皇、ピウス12世が老衰で危篤状態に陥ったときのことです。

ロイヤルゼリーの栄養には、まずビタミンB群、葉酸、パンとテン酸などのビタミン類があります。ロイヤルゼリーによって女王蜂は、働き蜂の寿命が約2ヶ月に対して4年以上、つまり40倍の長さを生きられるといいます。ロイヤルゼリーを構成している成分は、水分、タンパク質、糖質、脂質などです。滋養にいいといわれるロイヤルゼリーは、働き蜂がビーポーレン(蜂花粉)と花の蜜を自らの体内で合成して分泌してできたものです。まず働き蜂が花粉を集め、若い働き蜂がそれを食べて腸の中へと吸収します。この花の蜜をミツバチ自らの体内で合成して、頭部にある下咽頭腺から分泌された物質をロイヤルゼリーと呼ぶのです。

ロイヤルゼリーの場合は、極めて若いメスバチが花粉や花蜜・はちみつを食べて唾液腺で生合成を行うものです。若いメスバチが顎の外分泌腺から出す、酸味のある乳白色クリーム状の物質こそがロイヤルゼリーです。その驚異的な産卵能力を持つ女王蜂は、1日1500個もの卵を産むといいます。ロイヤルゼリーという名前は、日本語では王乳と記されたりもします。それからミネラル類のカリウム、ナトリウム、リン、鉄なども含まれています。このロイヤルゼリーの効能が、世界的に注目を浴びるようになったのは、1954年のことでした。

ロイヤルゼリーはよくはちみつと比較されたり類似食品のように言われたりすることもあります。ミツバチの社会は多数の働き蜂・女王蜂・雄蜂の3種類のミツバチから成り立っています。女王蜂が生涯にわたって唯一食べ続ける食材であるということからも、ロイヤルゼリーの栄養分の豊富さは計り知れないものだということがわかるでしょう。ロイヤルゼリーの栄養の中で、ロイヤルゼリーのみ含まれている特有の物質に、10ーヒドロキシデセン酸(10-HDA)、類パロチン、R物質などがあります。ロイヤルゼリーは本来女王蜂の主食なのです。けれどもその生成の過程や成分は、はちみつとは全く異なるのです。

ベジデーツ Amazon

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。