So-net無料ブログ作成
検索選択

内蔵に脂肪が蓄積すると糖尿病

内蔵に脂肪が蓄積すると糖尿病、高脂血症、そして肥満症や高血圧、などの生活習慣病が起こりやすくなりますが、このような状態のことをメタボリックシンドロームといっています。メタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上と発表されました。そのためにはきちんと健康診断を受け、自分がメタボリックシンドロームかどうか調べてみることから始めましょう。自覚症状がないということはその予防を大変困難なものにしていて、動脈硬化とわかるところまでいかないど気づかないということもよくあるのです。その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。よく人間ドックは健康診断と同じようなことをするのだと思っている人がいます。

近所の病院にいってみることもできるでしょうし、ほかにも健康診断でその判断をあおぐ、という手段もあるでしょう。メタボリックシンドロームのことを病気と思っている人もいるかもしれませんが、病気につながる状態のことで、病気そのものではありません。日本人の三大死因といわれている病気はがん、脳卒中そして心臓病になっています。これらの病気は同時に発症することが多く、そして重複すればするほど動脈硬化になりやすくなってしまいます。メタボリックシンドロームを予防すると、そんな生活習慣病までも予防することにつながるのです。しかしやっかいなことに、動脈硬化の初期に自覚症状が出ることはまずないため、なにかおかしいと感じたときは予防の段階はすでに過ぎており、病気がかなり進行しているということもあります。

事態を重く見た厚生省は、予防のためにも生活習慣病患者とその予備軍を2015年までに25%減らす目標を掲げました。そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。しかもその予防法は、基準値自体で必ずしもはっきり判断できるといいきれるわけではないため、様々に分かれています。そうすることで現在の自分が危険かどうかを知ることができ、予防をしようという気持ちにもつながるでしょう。しかし人間ドックは健康診断をよりももっと詳しく調べるものなので、メタボリックシンドロームがどうかを判断するためには健康診断くらいでちょうどいいと思われます。まず自分の体について状態を熟知すること、これこそがメタボリックシンドロームの予防のためにはじめにすることなのです。

メタボリックシンドロームになる前に、つまり病気を併発しないうちに、予防対策をしなければなりません。しかしながらその基準値は、日本とWHO、またアメリカとでもそれぞれ違っているのです。それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。そういうわけで、メタボリックシンドロームが進んでからでは改善しようとしても遅いのです。メタボリックシンドロームの人がかかりやすいと考えられている糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は医療費の約30%を占めています。このような経緯で、メタボリックシンドロームを予防するための保健指導が開始されることになったのです。

ベジデーツ

タグ:ベジデーツ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。