So-net無料ブログ作成

ダンベル体操などの適度な運動

ダンベル体操などの適度な運動で筋肉をつけることも大事です。脂肪がエネルギーとして燃えやすくなるからです。食生活の見直しや改善のために食事日記をつけてみましょう。健康にもダイエットにもよくないこととして、夜遅い時間に食事を大量に食べることがあります。そのため体内の代謝が活発になり、脂肪燃焼にも効果的です。しかし、普段の食生活に少し気を配ることで脂肪の燃えやすい代謝の高い体質作りができるので、ダイエットの効果も出やすくなります。注意すべき事は、食事で得たエネルギーはその日の活動で燃焼させ脂肪として体内に蓄えさせないことです。しかし、昼間でエネルギーの足りない状態でいることは長期的にはダイエットに逆効果です。

特に夕食後はあまり活動をしないため、夕食にボリュームのある食事を取るとそのエネルギーは代謝されず体脂肪として貯め込まれやすくなります。代謝をアップさせることはダイエットの効率を上げるいい方法です。自分の頑張り具合が人目でわかり、ダイエットを続ける意欲もわいてきます。体内のエネルギーが著しく足りない状態になると、体は代謝をできるだけ落として脂肪を燃やさずに溜め込み、エネルギーが出ていかないようにします。ストレスの解消にと甘いものを大量に摂取し不規則な食生活を繰り返すと代謝に悪く脂肪も燃えませんのでダイエットには大敵です。ダイエット時には、常に食生活と代謝の事を考える必要があります。また、朝食をよく噛んで食べると、体の呼吸や循環を司る交感神経が活発に動きます。

野菜やきのこ類、そして海草やこんにゃくなどの食べ物はダイエットによく、揚げ物や肉類は少なめにしましょう。その日のエネルギーは朝食で摂取して一日の活動に使い、夕食のボリュームを落としてエネルギーが脂肪になりにくくします。痩せ体質習慣を作るには温かい食事で体を温めて代謝をアップさせることが大切で、冷たいものは体を冷やし代謝を下げてしまいます。一品置きかえダイエットや食事制限で体重がなかなか変わらない人は、基礎代謝の低い体質であることが考えられます。そのためには朝食をしっかり食べて夕食を控えましょう。そして、効率的に脂肪を燃焼させるために、早め早めの食事を心がけましょう。お酒や甘い物は脂肪になりやすいのでなるべく控えて、嗜好品なども量を区切って食べるようにしましょう。

夜は副交感神経の活動が活発になるため消化管機能が高まり、消化吸収力がアップして食べたものが脂肪になりやすい時間です。一日二食で朝食を抜くと、基礎代謝が落ちてエネルギー消費の悪い体になります。こういう生活スタイルはダイエットにならず、脂肪が溜め込まれていきます。ダイエット中こそ、きちんと朝食を取る習慣をつければ、午前中の体温はずっと高めに維持されます。体重を減らすために起きてから昼間では何も食べない人がいます。三度三度の食事はダイエット中でも重要で、食事を抜かずにしっかり食べるべきです。朝食を抜き、その空腹の反動で昼食や夕食を大めに食べる人がいます。

マンプクー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。