So-net無料ブログ作成

しばらく共働きを続ける予定の人や

しばらく共働きを続ける予定の人や、これから勤続年数に従って収入が確実に増加する見込みがある人などは、将来の安定収入を見越した住宅ローンの返済プランを立てることが可能です。当面の返済額を減らすような住宅ローンの借り換え方法がおすすめです。

住宅ローンの返済が負担になってきた際には、毎月返済額圧縮型の住宅ローンの繰上げ返済を選ぶ方法があります。返済期間を短縮できること、返済総額を低く抑えることができることが住宅ローン繰り上げ返済の強みです。

繰り上げ返済をすることで、住宅ローンの返済の残りをぐっと減らすことができるのです。金利上昇の危険性を回避するには、より早く返済が済むタイプがおすすめです。

手数料と住宅ローン控除との関係に注意をしながら、住宅ローンの繰り上げ返済の計画を立てます。繰り上げ返済のメリットは、早めに返してしまうことで支払い利息を少なくできることです。

lava江坂

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。